ブログ|国分寺市、国分寺駅で歯科・歯医者・歯周病専門医をお探しの方は有賀歯科クリニックまで

042-313-8841歯は良い
〒185-0021 東京都国分寺市南町2丁目16-20 米沢ビル3階 国分寺駅南口より徒歩30秒
背景色の変更:
文字サイズの変更:
  • 電話
  • メニュー

緊急事態宣言が39県で解除されました。東京を含む日本中心部都道府県は、来週解除されるかどうか?というところですが、県をまたいでの移動はしばらく自粛になるでしょう。

PCR検査をはじめ、新型コロナウイルス対策は進みつつありますが、新型コロナウイルスを根絶させることはできません。インフルエンザと同じように、できるだけかからないようにし、これからどう新型コロナウイルスと向き合い、共存していくのかが問われます。

PCR検査の検体採取に歯科医師が参加できるようになりました。しかし、これは実際に一般の歯科医院で検査を受けられるわけではありません。これはあくまで、特定のPCR検査実施施設において、歯科医師が検査できるということです。一部のメディアの不適切な表現により、正確な情報が流れていないようです。

また現在、患者の鼻腔・口腔咽頭からの検体採取による飛沫感染などの問題から、唾液検査(検体を唾液から採取する)によるPCR検査も取り上げられているので、簡便さの観点からも、将来的にこういったウイルス検査が、一般の歯科医院でもできるようになるかもしれません。

前回、前々回にも書きましたが、手洗い・うがい・口腔清掃・マスク(マスクをすることによって飛沫感染防止だけでなく、直接手指で顔を触らないというメリットもあります)・鼻呼吸・睡眠・食事・適度な運動など心がけてください。これから暑くなりますので、熱中症にも気をつけ、こまめに水分補給を。

2020.05.16 (土)

日本での新型コロナウイルスの感染が蔓延しています。

残念ながら、日本政府の対応は遅く、緊急事態宣言がやっと明日にでも発令されるようです。この何日かが山で、感染がゆっくりと抑えられてくるのか、爆発的に拡がってくるのか、とても大事な時です。

人から新型コロナウイルスに感染しないことはもちろん大切ですが、今自分自身がたまたま無症状だけれども、感染している可能性もあるわけです。自分が他人に知らず知らずのうちに新型コロナウイルスを感染させてしまう可能性もあるわけです。自分自身が感染しなければよいというような自己中心的な考え、行動はとらないようにしてください。

前回にもとりあげましたが、日常の注意点、自分の抵抗力を下げないようにするなど十分注意してください。

自分自身のことは自分で守るというような心構えが必要です。

2020.04.06 (月)

中国・武漢市の新型肺炎が拡がっています。新型コロナウィルスが蔓延して、日本人にも感染者が現れるようになってきています。

いつ、どういう状況で、誰から感染していくのかわからない状況で、我々としても戦々恐々です。

我々としては、しっかりと予防対策をしなければなりません。

まずは手洗い・うがい・できるだけ鼻呼吸で(口呼吸でなく)、外出時は特にマスクを、十分な栄養・睡眠・適度な運動など、自分自身の体調を整える必要があります。やはり、身体の機能が低下している時は、特に注意が必要です。

2020.01.29 (水)

明けましておめでとうございます。

本年もお口の中の健康を通して、全身の健康につながるような歯科医療を目指し努力してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。      有賀庸泰

2020.01.06 (月)

歯周病の状態にもよりますが、歯周病の治療をして改善したとしても、それでもどうしても歯の動揺があり,このままでは将来的に噛み合わせその他の要因で問題が発症するケースもあります。そのことも考えて、被せる・歯と歯を連結させる・義歯を入れるなど必要な場合があります。それを歯周補綴といいます。歯周補綴をすることによって、歯の動揺を抑え、外的要素から歯を守り安定させることができるのです。

2019.07.17 (水)

6月4日から10日までの一週間、歯と口の健康週間が始まります。これは毎年行われるものです。メディアにもかなり取り扱われるでしょう。

現在は、お口の中の健康と全身の健康とは密接に関係しあっていることがはっきりしています。

お口の中の健康を見直す良い機会ですよ。

2019.06.03 (月)

某タレントの口腔がん公表が、一時マスコミに取り上げられました。

口腔がんの早期発見・早期治療には、定期的な歯科医院の受診が必要です。

何のがん?か、すぐにわからない場合もありますが、歯科医院でのその発見によって、大学病院に紹介して精密検査を行うこともでき、また治療することもできます。

口腔の健康は、日常のケアと定期的な歯科医院の受診がとても大切です。

 

2019.04.13 (土)

謹賀新年

今年も、皆様の口腔の健康を通して、全身の健康につながるよう、努力してまいりたいと思います。

本年も宜しくお願い致します。

2019.01.05 (土)

皆さんは、口腔ケア商品をどのような基準で選んでいるでしょうか?

あるアンケートによると、口腔内で一番気になるのは、口臭と答えた方が多く、口臭を抑えるケアグッズがよく選ばれることが多いようです。口臭は、口腔内からが約9割、消化器系からくる場合が約1割と言われています(もちろん個人差もあります)が、口腔内においては、歯周病・むし歯・舌苔・頬粘膜などから、唾液分泌低下、時間帯などさまざまですが、常に口腔内をいい状態にしておくことが大切です。個人個人によって適したケアグッズは違うので、歯科医院で相談してください。口臭のあとが、歯周病の改善、う蝕予防と続きます。

2018.07.21 (土)

6月4日から10日まで、「歯と口の健康週間」がありました。まだちょっと馴染まない、聞きなれない感じをお持ちの方も多いのではないでしょうか?数年前までは、「虫歯予防デー」と言われていたものです。何十年も昔に、むし歯洪水時代という時期があり、その時につけられたネーミングですが、今ではむし歯も減り、またお口の中の健康が、全身の健康に影響を及ぼすということで付けられた新たなネーミングです。この6日間だけでなく、常にお口の中の健康に気を配ってください。

2018.06.12 (火)
1 2 3 16